地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島、4区の吉本真啓(世羅高)が一時トップ浮上も16位フィニッシュ、超高速レースの末、長野が8度目のV、ひろしま男子駅伝
2020年01月19日
編集部

広島、4区の吉本真啓(世羅高)が一時トップ浮上も16位フィニッシュ、超高速レースの末、長野が8度目のV、ひろしま男子駅伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ひろしま男子駅伝
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

高層ビル群をバックに、城南通りを優勝に向け快走する長野の中谷雄飛(早稲田大)と、追走する兵庫の延藤潤(マツダ)

ひろしま男子駅伝

天皇杯第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝、日本陸連主催)は1月19日、広島市中区の平和記念公園前を発着点とする7区間、48キロのコースで47都道府県の参加により行われ、長野が2時間17分11秒の大会新記録で3年ぶり8度目の優勝を飾った。

レースは午後0時半、曇り空の下でスタート。高校生の1区から6人が区間記録を更新する超高速レースとなり、1区で10位スタートの長野は徐々に順位を上げていき、中学生区間の6区で吉岡大翔(川中島中)がトップに立った。アンカー7区の中谷雄飛(早稲田大)は、後続の追い上げを振り切った。

東京五輪マラソン出場の3つ目の枠を狙う埼玉の設楽悠太(Honda)や、前年優勝テープを切った相澤晃(東洋大)も懸命にスパートしたが、長野をとらえることはできなかった。地元マツダ所属で兵庫の延藤潤も食い下がったが2位だった。

設楽
設楽悠太の走り

優勝した長野は2時間17分11秒のタイムを叩き出し、2009年にやはり長野が記録した2時間18分43秒の大会記録を大幅に更新した。

さらに2位兵庫、3位埼玉、4位佐賀、5位静岡、6位茨城までが大会新記録をマークした。

1区と6区で区間新が、高校生の4区と5区でも区間タイのタイムが出るという”若い力”の躍進が目を引くレースとなった。風もなく、気温8度台というコンディションも記録を後押しした。また、その賛否が論議の的となっている「厚底シューズ」を履いた選手も多くいたため、レース前から「高速勝負」を予想する声も多かった。

前回4位でトップ3を目指した地元・広島は1区の中野翔太(世羅高)が区間2位の力走。いきなり区間新が6名も出た”入り”で素晴らしい走りを見せた。

5位でタスキを受けた3区の吉田圭太(青山学院大)は先頭を行く佐賀の古賀淳紫(安川電気)の背後にピタリとつけ、抜け出す機会を窺ったが残り300メートルでガス欠。それでも3位で4区へ繋ぎ、吉本真啓(世羅高)が一時、トップに躍り出た。しかし同じく高校生区間の5区で失速。最終順位は2時間19分53秒で16位だった。

中国勢では、鳥取が18位、3区で先頭に迫った山口が23位、岡山が29位、島根が43位だった。

ひろスポ!関連記事
ひろしま男子駅伝、メンバー充実の福島が初優勝、広島は第1回大会以来のVを射程に収めつつも4位フィニッシュ(2019年1月20日掲載)
hirospo.com/pickup/53254.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内