地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > ひろスポ!がマジメな野球の話をしよう!(Ⅱ)田中広輔「一番・ショート」の今後とサード小園、バティスタ契約解除で…注目は森下暢仁・坂倉将吾のバッテリー
2020年03月03日
編集部

ひろスポ!がマジメな野球の話をしよう!(Ⅱ)田中広輔「一番・ショート」の今後とサード小園、バティスタ契約解除で…注目は森下暢仁・坂倉将吾のバッテリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
坂倉
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は坂倉将吾、佐々岡監督の下でイッキに一軍に欠かせぬ戦力となれるか…

 

ひろスポ!がマジメな野球の話をしよう!佐々岡カープ、キャンプ総括とオープン戦見通し、ピレラは小園はフランスアは…(2020年2月29日掲載)
hirospo.com/pickup/64081.html

…の続編
ひろスポ!がマジメな野球の話をしよう!(Ⅱ)田中広輔「一番・ショート」の今後と、サード小園、契約解除のバティスタに代わるファーストは…注目は森下暢仁と坂倉将吾のバッテリー

 

2月29日午前9時50分にアップした前回の記事の中ではこう書いた。

ひろスポ!では2月1日から小園の打撃力をクローズアップしてきた。首脳陣は小園のバットをなるべくベンチに眠らせておきたくはないはずだ。

田中広のショートは、打力さえある程度伴えば問題なし。なんせ新選手会長だ!

そうなるとサードに小園。いやセカンド小園もあり得る。この日もセカンドからの4・6・3ゲッツーの練習をやっていた。サードには安部もいる。打つ方は調子良さそうだ。

……

そのあとチームはオープン戦2試合を消化した。

2月29日の中日戦(ナゴヤドーム)。小園海斗は四回裏から途中出場、オープン戦で初めてサードに入った。2打席回って、第2打席で又吉克樹から力強い中前打を放った。

翌3月1日の中日戦(同)では六番・サードでスタメン出場。5打数1安打。三回のチャンスにボールカウント1-2と追い込まれたところからライト線に2点適時二塁打を放った。オープン戦打率は3割7分5厘。予想通り、対外試合を重ねるほどに打撃内容が良くなってきた。

小園サードが試される中、ホセ・ピレラはレフトへ押し出された。しかし相変わらず打撃内容には物足りなさがつきまとう。豪快な一発、がない。

豪快過ぎる!2連発を1日の中日戦で放った高橋大樹については、前回「この日、一番いい打球を飛ばしていた」と記したが、練習でやっていることをゲームでも出せている。ナゴヤドームでの2打席連続左翼越えホームランには、2月の日南キャンプで天福球場左翼越えに消えていくその時の弾道とかぶるものがある。あとはこの先、相手の投手レベルが上がる中でどうか?

同じく前回は「仮にサビエル・バティスタがいれば何も悩む必要はない。三番にバティスタ、五番に西川でキレイにはまる。」と記した。そのバティスタは2月28日、契約解除を球団から伝えられ、3月2日、その正式発表があった。

佐々岡監督は「五番・西川」をオープン戦3試合連続で試したあと、2月29日にはまた「三番・西川」に戻している。昨シーズン、見事にはまっていた「三番・バティスタ」はもうない。

そこでファーストをどうするか?松山竜平がいればキマリだが、現状では堂林翔太と安部友裕の併用が続く。高橋大がファーストを守れると面白いが、その経験はない。

「一番・ショート田中」はここまで対外試合9試合中、8試合で固定されている。オープン戦打率3割3分3厘。

一番候補には野間峻祥もいる。オープン戦打率は3割5分7厘。快音連発、ではないが、足でもアピールしている。

野間はレフト本線。開幕スタメン野間、でいくならピレラはベンチ。首脳陣がどのタイミングでオープン戦スタメン「一番・野間」を試すか?

3月2日、新人の宇草孔基に二軍行きが言い渡されたが、野間の出番を優先すれば使いどころがなくなる。

投手陣では森下暢仁が1日の試合で中日打線を手玉に取った。ただし3回36球。同じ日に先発したクリス・ジョンソンは4回70球。前の日に投げた大瀬良大地は4回58球。前回、森下に関しては「長いイニング」についても触れた。次回は何イニングになるか?

キャンプでは別の意味で大瀬良、C・ジョンソンと同じ組で調整する機会の多かった森下が、そのまま開幕ローテの3番手につける現状は、佐々岡監督にしてみれば願ったりかなったり、だろう。

また、森下に関連したところでは、今回登板では坂倉将吾とバッテリーを組んだ。

2月22日のヤクルト戦(浦添)でオープン戦デビュー登板した際には曾澤翼がスタメンマスクをかぶった。

坂倉は1日の試合で森下と息の合ったところを見せていた。ダヤン・ビシエド、平田良介といった強打者に対してもふたりで向かって行った。粘る平田に対して最後、坂倉のミットがアウトローに固定され、森下のカーブがそこに吸い込まれた。

中日との2連戦では床田寛樹が3回3分の1、1失点で踏ん張ったが、まだ合格点は出ていない。

大瀬良、C・ジョンソン、森下、床田それに九里亜蓮。そのあとに続いて欲しい遠藤淳志がオープン戦でどんな投球を見せるか?

ナゴヤドームでは塹江敦哉も1イニングながら力強いピッチングを披露した。その勢いを続けることでアピールになる。(ひろスポ!・田辺一球)

参考資料
ひろスポ!どこより早い?開幕スタメン予想(2月12日時点での掲載分)
一番レフト野間峻祥
二番セカンド菊池涼介
三番センター西川龍馬
四番ライト鈴木誠也
五番ファースト松山竜平
六番キャッチャー曾澤翼
七番サード田中広輔
八番ショート小園海斗
九番ピッチャー大瀬良大地

日本一早い?佐々岡カープの開幕スタメン予想!一番野間、三番西川、五番松山と左が続き七番は…

さらに詳しい情報は、2000年10月よりカープをウオッチングし続けている(一日も休まず更新中)携帯サイト「田辺一球広島魂」

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内