地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 本当にビックリの「OP金子」勝負どころで痺れるS金子起用…長野トライデンツを押し切ったJTサンダーズ広島新世代の気配~ちゃこのVプレミアレポ
2020年11月15日
編集部

本当にビックリの「OP金子」勝負どころで痺れるS金子起用…長野トライデンツを押し切ったJTサンダーズ広島新世代の気配~ちゃこのVプレミアレポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JTサンダーズ広島
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

金子選手のスパイクが決まり山本選手とグータッチを交わす(トップ画像)

 

JTサンダーズ広島
金子選手のスパイクが決まる

 

2020-2021V.LEAGUE Division1 MENレギュラーラウンド前半戦
2020年11月15日 日曜日、島根県松江市・松江市総合体育館
JTサンダーズ広島ホームゲーム
vs VC長野トライデンツ

 

昨日の試合は、850人の緑のサポーターの前で、フルセットの死闘の上、勝利を奪取しました。他会場でも、サントリーとジェイテクトもフルセット戦っていたようですし、大分三好と東レもフルセット。どこも必死で戦っている。

松江は今日もいい天気(JTバスと会場の松江市総合体育館)
松江は今日もいい天気、JTバスと会場の松江市総合体育館

昨日時点で、サントリー、WD名古屋、パナソニックに続いて4位に付けているJT。(5位のジェイテクトとは勝利数で並んでいますがポイント差が2)。松江大会の次は大阪大会でサントリーと対戦ですから、今日は勝って弾みをつけたいところ。今日の松江も、昨日に続き、良い天気!さあ!試合はどうなった?!

23-25
25-17
25-15
29-27

セットカウント3-1で、勝利!今日の勝利の価値は、とっても大きいです!ホントに!!
7勝3敗 ポイント21 (獲得セット25 失セット12) 11/15現在4位。

 

スターティングメンバーは
OH:山本将平キャプテン、陳建禎
MB:小野寺、西
OP:八子
S:深津
L:唐川

第1セット始まってすぐ、八子さんが右足を引きずって、井上慎一朗選手と交代。わわわわ…大変です。トムさんは今日まだベンチ外です…。苦境のJT。どうする?ここで、大胆な選手起用に出たベンチ。なんと!第2セットからOPでS金子を起用!

たしかに金子選手は東福岡高校で全国制覇2度もして活躍をしていたアタッカーだけど、Vリーグではセッターとしてしか出場したことはない。バックアタックも打てる金子選手が入ったことで、攻撃の選択肢が増えて、断然試合運びが変わってきた。

昨日打数凄いことになっていた小野寺くんだけど、今日も果敢に打っていってた。今日は、1人時間差という技も見せてました!もう一方のMB西くんは、見事なブロード攻撃を見せてくれました!技を豊富に繰り出す両MBとOP金子。トス回しが楽になったことで、将平キャプテンと陳さんのアタック決定率も上がってきた!

JTサンダーズ広島-見事な西選手のブロード攻撃
見事な西選手のブロード攻撃

 

驚きの第2セットから、安定の第3セット。第3セットは終始リードし、10点差をつけてJT。相手も粘るだろうとは思ったけど、第4セットもこのままいける、と思ってた。

が。また、20点を挟んだところでの、ミス連発。21-18から気がつけば21-21。サーブミス、スパイクミスはこれまであったけど、これはトスミスだよな、というのが2本あって。タイムアウトを21-21、21-22で取っても、流れが変わらない。さらに21-23に…。

ここで、原監督動く。今日は動き早い。深津→井上慎一朗。ん?2枚替え、ではない。?!!コートには金子がいる!この場面から、S金子ですか?!くーーーーっ!痺れる展開だ!

S金子。粘りを見せて、第4セット21-24から24-24デュースに。この後も、相手にセットポイント握られても、決して諦めなかった。そして、集中力切らさずに、攻めたサーブを、キチンと入れた将平キャプテンと陳さん。27-27で、金子が前衛に上がるタイミングで再度S深津投入。金子はまたOPに。これで、力を発揮できる金子が、ホントに凄いよ。

 

今日の「OP金子」には本当にびっくりした。頭では考えたけど、実際にコート上にそう出てくるとは思ってなかった。そして、それで動けている金子くんに再度びっくりさせられる。滞空力のある跳躍。美しい。

金子くんのプレーで印象的だった場面がある。ブロックがついてなくてフリーでいいアタックを打って、でも相手にファインレシーブされて決まらなかった。でもレシーブされたボールは直接JTのコート、金子のところに。打ち気に逸るアタッカーなら、ここ、ダイレクトに打ちにいくとこだと思う。それを、丁寧な1パスをS深津に返し、開いて攻撃体制に。そして小野寺が速攻を決めた。

SだとかOPだとか関係なく、金子くんだから出来るプレーを淡々とやってる。ゾワゾワした。

若手を起用していく勇気を自分が持てるかどうか、がカギ。原監督は開幕前にそう語っていた。今回は、苦しい場面がこの起用を生んだ。ファンとしては、この場面に居合わせたことは至福だった。

そして、私は、「勇気ある」采配、は、実は、第4セット21-23の場面から、金子をセッターに起用したことではないか、と思っている。21-24と相手にセットポイント握られながら、24-24で追いつき、最終的に勝ち切った。その期待に応えた金子くんにも大きな拍手を送りたい。

JTサンダーズ広島
小野寺選手のブロックが決まる

小野寺、西、金子、武智(第4セット将平キャプテンに代わって出場)がコートに揃ったJTには、新世代の匂いがした。今後のJTサンダーズ広島に期待したい。

来週は試合なしで、再来週、今シーズン初の平日ナイター。11/27(金)サントリーサンバーズと対戦です。現地で応援です!!頑張ろう!JTサンダーズ広島!私たちファンも、共に!(ちゃこ)

JTサンダーズ広島
7勝目を挙げ背番号7の八子選手を中心に記念撮影

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内