地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 広島ドラゴンフライズ、新潟アルビレックスBB相手にホームで完敗2つ、2連戦のゲームプランを遂行しないとまた連敗街道…
2021年02月14日
編集部

広島ドラゴンフライズ、新潟アルビレックスBB相手にホームで完敗2つ、2連戦のゲームプランを遂行しないとまた連敗街道…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
堀田剛司ヘッドコーチ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は堀田剛司ヘッドコーチ(左)と田方慎哉アシスタントコーチ

B122節GAME2
広島ドラゴンフライズ 76-102 新潟アルビレックスBB
1Q:14-28
2Q:22-25
3Q:20-21
4Q:20-28
会場:広島サンプラザホール
人数:1,109人
おりづる賞:朝山正悟

【スターター】
広島:トーマス・ケネディ、朝山正悟、岡本飛竜、グレゴリー・エチェニケ、田中成也
新潟:アレン・ダーラム、五十嵐圭、佐藤公威、林翔太郎、ジェイソン・ウォッシュバーン

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
トーマス・ケネディ     20点
グレゴリー・エチェニケ   17点
朝山正悟          11点
田渡凌           10点
◆リバウンド
グレゴリー・エチェニケ    10リバウンド
トーマス・ケネディ      6リバウンド
田渡凌            3リバウンド
◆アシスト
田渡凌            6アシスト
グレゴリー・エチェニケ    3アシスト
トーマス・ケネディ      2アシスト
岡本飛竜           2アシスト
古野拓巳           2アシスト
◆出場タイム( )はGAME1
トーマス・ケネディ35:33(34:26)
朝山正悟28:07(31:35)
岡本飛竜11:55(13:33)
アイザイア・マーフィー20:21(19:22)
グレゴリー・エチェニケ33:35(37:13)
田渡 凌 17:35(7:27)
田中成也22:34(25:08)
荒尾岳7:35(3:17)
古野拓巳10:30(19:00)
佐土原遼6:55(3:55)
谷口大智 2:59(5:04)
森山修斗2:03(0:00)

新潟アルビレックスBB
◆得点
ジェイソン・ウォッシュバーン 26点
アレン・ダーラム          24点
ロスコ・アレン        16点
納見悠仁           11点
◆リバウンド
ジェイソン・ウォッシュバーン 12リバウンド
アレン・ダーラム         9リバウンド
ロスコ・アレン          8リバウンド
◆アシスト
五十嵐圭           6アシスト
アレン・ダーラム       5アシスト
納見悠仁           4アシスト
ロスコ・アレン        4アシスト

 

GAME1で自分たちのプレーに疑心暗鬼(8連敗中)になっていた新潟アルビレックスBBの息を吹き返らせてしまった。それはほかでもない、広島ドラゴンフライズの責任だ。

そうなるとGAME2は先行逃げ切り態勢に入らないと厳しい。だが、案の定、第1クォーターは一度もリードすることなく追いかける展開になり、残り1分近くまでは何とか一桁差で食らいついていたが、詰めのところで連続失点。けっきょく14-28と今のチーム状況からすれば”大差”をつけられた。

そして第2クォーター、まだ6分以上残っているところで20-41のダブルスコア、プラス21点差。2日連続で1000人超えとなったブースターの声援に応えることはできなかった。

前半に挙げたふたつの”ヤマ場”では、いずれもスリーポイントシュートを決められた。

終わってみれば広島ドラゴンフライズはスリーポイント成功率18・2パーセント(22分の4)、相手は46・4パーセント(28分の13)。

GAME1ではインサイドでの駆け引きで大差をつけられ、今度はアウトサイドで完敗。2日続きの戦いではあるが第1から第8クォーターまであるとするならば、そのトータルプランで優っていないとまた連敗トンネルが続きかねない。

広島ドラゴンフライズはGAME1が74得点でGAME2が76得点。

新潟アルビレックスBBは83得点からイッキに跳ね上がって102得点…

 

広島ドラゴンフライズ・堀田剛司ヘッドコーチ

今日は新潟に上手く攻められてしまい102点も相手に取られてしまった。我々はチェンジングディフェンス(ゾーンとマンツーマンを切り替えながら守る守備)をしているが、ツースリーゾーンをしいた時に、上手く穴をつかれたのが原因だと思う。マンツーマンで激しく前からプレッシャーをかける守備は継続してやっていきたい。攻撃の悪い時間帯はどうしても個で攻めてしまっているので、チームで(相手の守備を)崩していきたい。次の千葉戦までは(2週間)時間があるので守備、攻撃ともに修正して臨みたい。

 

広島ドラゴンフライズ・朝山正悟キャプテン

全体を通して、やってはいけない試合をしたと思っている。それが全てで、見に来てもらっているファンの皆さん、ドラゴンフライズの応援や試合を見るのを楽しみにしている皆さんに本当に申し訳ない試合をしてしまった。その要因は(点差のついた)第1Qというよりかは、どうしも個でのプレーに走ってしまい、みんなが好き勝手に色んなことを始めてしまったこと。
ただそれは、それぞれが『(勝つために)何かをしてやろう』という気持ちから起きている。決して誰かを責めるようなことでもなく、チーム全体の責任。一番いいのは勝つことで、それが自信になって『今やっていることがいいんだ』という風にもっていければいいが、なかなかそれができない状況の中で、こういう(試合)展開になってしまった。

 

広島ドラゴンフライズ・田渡凌

今、自分は三番手のポイントガード。試合に出た時は積極的に自分らしさを出していこうという気持ちを持っていた。試合の中でどういうことをすれば流れが良くなるのかを、一番見ることのできる立場だとも思っている。エチェニケ選手にただボールを預けるだけでは上手くいかないことは見ていて分かっていた。自分がペイントエリアに入り、そこからどうにかしようと意識してプレーし、それが良い方向にいったが、試合自体は負けてしまったのでそれ以上に反省が多い。

 

新潟アルビレックスBB・・青木勇人アソシエイトコーチ

選手が勝ち取った勝利だと思う。昨日の、出だしの調子が低かったこと、ゾーンディフェンスへの対策と、エチェニケ選手への対応の三つをテーマに挑んだ。守備のルールを少し変更し、まずピック&ロールの守り方とエチェニケ選手への対応の二つを徹底した。ここをしっかり選手が遂行してくれて、試合の出だしの調子を上げてくれた。
そこから攻撃につなげられて、勢いのあるスタートが切れた。(広島の)ゾーンディフェンスへの対策も昨日、オープンで打てていた場面が結構あったと思ったので「シューターはシュート、ドライバーはドリブル、プレーメーカーはプレーメーカーという風に自分の仕事を全うし、自信を持ってプレーするように」という風に伝えた。そうやって各々で自分の仕事を全うしてくれた選手たちによる勝利だと思う。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内