地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 広島ドラゴンフライズ、福山で島根スサノオマジックとプレシーズンゲーム、「開幕までにはもっと良くなっていくと思う」と新HC
2021年09月16日
編集部

広島ドラゴンフライズ、福山で島根スサノオマジックとプレシーズンゲーム、「開幕までにはもっと良くなっていくと思う」と新HC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カイル・ミリングヘッドコーチ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はカイル・ミリングヘッドコーチ

 

福山市のエフピコアリーナふくやまで合宿中の広島ドラゴンフライズは9月16日、島根スサノオマジックとプレシーズンゲームを行い、83-93のスコアで敗れた。

 

前半50-36と大きくリードしたが後半は相手に押し切られた。

 

広島ドラゴンフライズは昨季(2021-21シーズン)B1全体順位20位(最下位)でカイル・ミリング新ヘッドコーチのタクトに期待がかかる。島根スサノオマジックは同12位。

 

合宿は17日まで行われる。

2021-22 プレシーズンゲーム
広島ドラゴンフライズ83-93島根スサノオマジック
1Q:26-23
2Q:24-13
3Q:15-28
4Q:18-29
会場:エフピコアリーナふくやま

 

【スターター】
広島:朝山正悟、辻直人、青木保憲、グレゴリー・エチェニケ、ニック・メイヨ

島根:安藤誓哉、ニック・ケイ、リード・トラビス、阿部諒、金丸晃輔

 

【主なスタッツ】(クラブ独自)
広島ドラゴンフライズ
◆得点
グレゴリー・エチェニケ 13点
チャールズ・ジャクソン 12点
ニック・メイヨ     12点

◆リバウンド
チャールズ・ジャクソン 7リバウンド
アイザイア・マーフィー    6リバウンド
グレゴリー・エチェニケ    5リバウンド

 

広島ドラゴンフライズ・カイル・ミリングHC
「全体的に満足している。先週のアルバルク東京戦から改善ができていると感じた。1週間でここまで改善ができるのであれば、開幕までにはもっと良くなっていくと思う。けが人もいる中で、選手は頑張ってくれた。相手のビッグマンに簡単にレイアップをさせなかったのはとても良かった。オフェンスリバウンドをしっかり取りに行くなどの細かい部分を改善していければと思う。相手のプレッシャーにどのように対応していくかが、今後の課題」

 

広島ドラゴンフライズ・朝山正悟

「(試合を振り返っての個人の感想を聞かれ)個人としては、まずまず。チームとしてのルールを徹底していくことを心がけた。前半部分はやりきることができ、自分たちのやりたかったディフェンスができていたが、後半はオフェンスリバウンドが立て続けに取られてしまい、ローテーション部分の連携ミスが起こってしまった。緩くなったディフェンスを我慢しきる、やりきることを徹底していきたい」

 

広島ドラゴンフライズ・辻直人
「(試合を振り返っての手ごたえを聞かれ)チームとしてやろうとしていたことが前半はできた。特に、前回のアルバルク東京戦後の課題はクリアすることができたように思う。今日の試合を終えて、リバウンドや小さなミスなどの課題が見つかったが良い試合だった。自分としては、50%くらいの手ごたえ。合宿中ということもあり疲労などもあるので公式戦に向けてチームの完成度を70~80%まで上げていきたい。島根とも対等に戦うことができるチームだと思う。今まで川崎という常勝チームでやってきて、今は伸びしろがある広島というチームで短い期間でも成長を感じおり、良い方向に向かっていると感じている」

 

島根スサノオマジック・ポール・ヘナレHC
「チームとして10日前後の準備期間の中で、短い時間でチームとしてやりたかったことはできた。これからどういう方向性で進んでいくのか、判断するいい機会になった。また、試合の流れの中で今までチャレンジしたことがない動きに対応することができた。その中で選手たちの戦い抜く姿勢を見ることができた。結果よりも、チームの仕上がりを見たときに手ごたえを感じてもいいかなという感触だった」

 

島根スサノオマジック・金丸晃輔
「(試合を振り返ってについて聞かれ)まだ合流して時間が経っておらず、チームとしてはまだ全然完成できていない。そんな中で大事なプレシーズン1試合目だった。前半は噛み合わない部分などもあり、ビハインドで終わったが、後半はディフェンスから入って逆転することができたのはチームとしても良かった。ディフェンスがうまくいけば、オフェンスもうまくいく。後半は素晴らしいパフォーマンスができた」

島根スサノオマジック・安藤誓哉
「(試合を振り返っての感想について聞かれ)ミスコミュニケーションもあったが、ディフェンスの部分でハードにプレーできた。特に後半は全員で相手のビッグマンを止めることができた。チームとして徐々にプレースタイルが少しずつ見えてきて、レベルアップしていることを感じることができた」

 

ひろスポ!関連記事
速報!注目の福山合宿スタート!広島ドラゴンフライズB1での2シーズン目でどう変わるか? | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2021年9月14日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内