地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > カープ女子支持率ナンバーワン、菊池涼介・ひろスポ!特別連載「風の涼介」#1~#3
2014年09月17日
編集部

カープ女子支持率ナンバーワン、菊池涼介・ひろスポ!特別連載「風の涼介」#1~#3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石井琢朗コーチ監視の下サインする菊池
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

風の涼介#1、2011年12月13日

新入団会見の席には、明らかに異彩を放つ選手がいた。ドラフト2位の菊池涼介だ。171センチ、70キロの右投右打ち内野手。俊足と攻守が武器のルーキーは冒頭の挨拶の中でこう言った。

「カープって言うと赤ヘルってのが頭にある。岐阜にいて、カープの放送は見られないけど、(チームに)足があるので、足を使っていきたい。守備と足でチームに貢献できるようになりたい。ゴールデングラブ賞を取りたいです!」

菊池の横顔はこうだ。

1990年3月11日、東京都生まれの21歳。ポジションはショート。

東大和三中時代は東大和シニアに所属。 武蔵工大二高時代は主に三塁手としてプレーした。 3年夏は、長野大会4回戦敗退。甲子園出場はない。

中京学院大進では1年春からリーグ戦に出場。 岐阜リーグ屈指の遊撃手として活躍し7季で5度もベストナインを獲得している。 打つ方でも 2年時に22季連続首位打者と本塁打王、春には打点王も獲得して三冠にも輝いた。

リーグ戦通算では83試合、106安打の打率3割7分9厘。10本塁打、49打点。

なお、 2年夏と4年夏に、日米大学野球、大学日本代表候補に選出され選考合宿に参加している。

リストの効いた打撃で三番を打ち、50メートルは5秒9、一塁到達タイムは右打者でも4・3秒台。遠投は117メートル。こうして数字を並べていくと、社会人と大学の違いこそあれ、梵と完全にかぶったキャラクターであることがよくわかる。

 

菊池の一番の特徴は何か?カープ球団が報道陣に配布した資料に「広島には珍しくキャラの“立った”若武者だ“」と書いてある。

ドラフト指名を受け「野村監督がつけていた背番号7が欲しい」とやったことで、その「キャラ」がいきなり証明されたことでも知られる。

入団会見のあと、記者に囲まれての取材でもまったく肩に力が入っていない。そして、思ったことをどんどん口にする。東京都出身で高校時代は長野県塩尻市。なのに、その言動からはなぜかあの金本知憲によく似た空気感…。そう強く感じずにはいられない何か、がきっとあるのだろう。

 

金本と言えば入団当時のカープには西田、音、スイッチの山崎らがポジションを固め、内野を見渡しても野村、小早川…。スタメンオーダーには左の強打者が揃っていた。

当時を振り返り、平成の鉄人がこんな話をしたことがある。

「浪人して入団してたからプロ2年目でもう25歳。3つ年下の前田がバリバリやっていたし、当時のカープは右バッターが重宝されて左は存在感も薄かった。キャンプで強化メンバーにも入れんし、特打させてもらうこともなかった」

「子供のころから僕は三日坊主というか、弱音も吐くし愚痴も出た。広陵高校時代も練習がしんどくて、辞めたいとしょっちゅう思っていた。ただ、同じ辞めるなら絶対にレギュラーを取ってから、という感じで、最終的には“どうでもいいや”と思う心より“絶対にやってやる”の気持ちが勝っていた」

「(カープに入団したころは)レギュラーなんて無理、必要とされていないと察していた。もうダメかなと思ったけど、やることだけはやってみようとまず、上は伸びんから横を伸ばそうとトレーニングを始めた。とりあえず振る力をつけるためにね」

「練習方法もわからんし理論もない。だから必死でバットも振った。次がストレートならその1球を、変化球ならそれをきっちりと、とりあえず狙ったボールが来た時はきちんと打とう、ということからやった」

「もしこの時、もっと難しいことをやろうとしていたら、迷路に入ってダメになっていただろうね。そうしているうちに3年目の終わりから振る力だけはついてきた」

…なるほど、汗と泥にまみれゼロから這い上がっていく、いかにも広島らしいストーリー。

果たして菊池はこの先、どんな道を歩んでいくだろうか?

 

風の涼介#2、2011年12月13日

「広島と言えば江藤さん!という感じ…。実際には会ったことありませんけどね。一番が野村で二番は正田。ファミスタⅡです、92年ですよ」

入団会見の会場でそんなことを素で話す。「一番が野村…」、普通に呼び捨て!?である。

そんな菊池のプレーを見たことがないので想像するしかない。松本スカウトが「エグい肩」と表現するその守備とはどれほどのものなのか?しかし、前評判を聞く限り、「ショート菊池」は、もう“楽しみ”というほかない。

カープのショートと言えば三村敏之、高橋慶彦、野村謙二郎…。キムタクやシーツも守ったが、そのあとを受けた梵が、不調やケガによって未だ完全に定着とまでは至っていってない。チームにとっては大きな誤算だ。

梵のショート。その魅力は何といっても安定感にある。肩と手首が強いから広い守備範囲をカバーして、深い位置からのスローイングでも悠々アウトにできる。決して筋トレ崇拝者ではないが、その下半身の筋肉の付き方は尋常ではない。あの性格なので本人は決して見せびらかせたりしないが「盗塁王はダテじゃない」とただひたすら驚かされる肉体を持っている。

それほどの身体能力を持ちながら、ひざに爆弾を抱え、自打球によるひざ内部の損傷という不運も重なった。

今シーズンは、その梵をバックアップした木村の活躍が球団サイドから大いに評価された。もちろん木村自身も「来年こそレギュラー!」と張り切っている。

今季、スタメンでショートを守った選手はほかにもいる。出番は少なったが小窪、それに松本高明…。菊池はこうした面々に挑んでいくことになる。そして来年2月のキャンプでは、早い段階から結果を出していくことが求められる。

「高校ではセカンドからサードに回りました。大学では最初、サードで1年の秋からショートを守るようになりました。やっぱりサードをやってた頃より視野が広がりましたね。自分の野球観が広がった感じがします。こだわりはないけど、要として(のポジションで試合に)出たい気持ちはあります」(菊池)

「課題」と関係者から指摘されているバッティングの方では高校時代に「20打席ぐらい練習試合で立った」という左打席にも挑むという選択肢もあるだろう。そうなればそれこそ高橋慶彦、正田耕三、山崎隆造以来のスイッチヒッター誕生となる。

守っても打っても走っても、規格外のスケールの選手になりえる気配がある。そして前田智徳のともに汗と泥にまみれて金本と同じ時代に広島の中軸に成長した右の大砲、江藤智の背番号も33。マツダスタジアムを舞台に存分に暴れまくることになる菊池には、なぜか旧広島市民球場の匂いがする。

 

風の涼介#3、2012年2月6日「空手”赤”一代」

ルーキーの休日。沖縄キャンプ恒例となった初めての休日、観光地訪問は雨上がりの読谷村、むら咲むらを訪ねた。

観光気分で入場門を潜り、居並ぶカメラの前を横切って、用意されたサーターアンダーギーをほおばる3人。しかし、その先に“まさか”の体験が待っていようとは…。

次に案内されたのが沖縄伝統空手の体験道場。指導員には、英国人ながら「本場」に憧れこの観光施設に滞在中のケビン・チャップリンさん(30)が当たることになった。

空手衣に着替えて登場した土生、菊池、そして野村祐輔。どういうワケか菊池の衣着姿が妙にはまっている…。

道場に入ると、さっそく挨拶のあと実技指導が始まった。時間の関係で実際に挑戦するのは正拳突きだけ。ところが、いざ指導が始まるとかなりの迫力で、実際に突きをしてはみるのだが、これが指導員の目に迫力不足に映ったよう。「もっと気合いを!」とすぐに大きな声が飛んできた。

さらに突きを続けていると、いきなりチャップリンさんの蹴りが菊池の右足に命中…。

「喧嘩と同じ、沖縄の空手は防御が全てだが、ただ防御するのではなく、相手が攻撃できないほどの気迫を出さないと!」と大きな声がまた飛んだ。

さらに野村祐輔に「あなた方は野球選手?野球は分からないが動きの基本は一緒。自然に構えて突く瞬間に重心を一点にかけていく動作を!」と休日なのに、いつの間にかトレーニングさながらの雰囲気に…。

こうした熱心な指導のおかげで最後には「エイ」「エイ」と大きな声と迫力ある突きができるようになった3人。最後にはどの額にも汗が浮かんでいた。

 

 

この連載は、10年以上、一日も休まずに更新し続けるカープ情報携帯サイト「田辺一球広島魂」で過去に連載したコラムから抜粋してお届けします。

携帯サイト「田辺一球広島魂」スマホ版ikkyuu-t.com 通常携帯版www.ikkyuu-t.info/i

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内