地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 首位広島点…と言っても2位巨人とはゲーム差なし、7月9日予告先発~森下暢仁vs山崎伊織でまたまた1点勝負か…
2024年07月09日
編集部

首位広島点…と言っても2位巨人とはゲーム差なし、7月9日予告先発~森下暢仁vs山崎伊織でまたまた1点勝負か…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
森下暢仁
  • 3

    飛翔会

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は森下

広島-巨人13回戦(マツダスタジアム、7月9日午後6時開始予定)

首位を行く広島、しかしその背後には巨人がゲーム差0でつけている。6月終わりには4・5差だったのに…しかも5位中日とも3・5差という接近バトルになっている。

で、今夜マツダスタジアムで投げる両先発の力量からすれば、また1点勝負?

きょうのカープはたぶんこうなる…|田辺一球|note の記事より、広島-巨人13回戦のみどころを紹介する。(記事内で選手などの呼称は独自のものとなっています)

 

予告先発は広島が森下(6勝3敗)、巨人が山崎伊織(6勝2敗)

6月終わり、巨人には4・5差をつけていたのに。7月に入って1勝5敗と失速している間に向こうは4勝1敗(4連勝中)でイッキにゲーム差0と詰め寄られた。

で、今夜の予告先発は6勝3敗、防御率1・41と、6勝2敗、防御率1・62の山崎伊織の投げ合い…

先のバンテリンドームナゴヤでは3試合で2点しか取れなかった。いくら森下が良くても点取らないと勝てません…

今季、山崎伊織とは初対戦。5月7日のバンテリンドームナゴヤで中日から完封勝利をマークしてここまで7戦連続でクオリティースタートに成功。どうやって行攻略するのか?神頼みなのか?合理的なプランがあるのか?それは新井監督のみぞ知る?

巨人は今季、マツダスタジアムで0勝4敗2分け。地の利をどう生かす?昨季の対戦では山崎伊織の0勝2敗、対戦防御率7・56という数字も残ってはいるが…(野間が11の4と好相性)

森下は巨人相手にここまで2試合に投げて1勝0敗。ただしそれは4月の話。今季初登板となった4月13日の東京ドームでは6回5安打1失点で、六回に岡本和真に適時打された、

その一週間後にはマツダスタジアムで6回1/3で12安打されながらも2失点、勝ち投手。この時も七回、岡本和真に適時打されている。

前々回、6月25日のマツダスタジアムではヤクルト相手に91球マダックス完封。前回、7月2日のマツダスタジアムでは阪神相手に8回4安打無失点で勝ち負けつかず。

イニング数が多くなる中、コンディション的にはどうか?土・日の試合を大瀬良と栗林で落としただけに、森下には連敗ストッパーの期待がかかる!なんせ本拠地では36イニング連続無失点中…

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内