地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 森保ジャパン未だ無敗、変化自在のターンオーバーでボールを支配されてもサウジアラビア撃破!サンフレッチェ広島の青山は無念の離脱
2019年01月21日
編集部編集部

森保ジャパン未だ無敗、変化自在のターンオーバーでボールを支配されてもサウジアラビア撃破!サンフレッチェ広島の青山は無念の離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • クヌギ

AFCアジア杯UAE2019(  シャルジャ、シャルジャ・スタジアム、1月21日午後3時キックオフ、日本時間午後8時)

1次リーグ3戦全勝、F組1位で決勝トーナメント(ノックアウトステージ)に進んだ日本はE組2位のサウジアラビアと対戦。前半20分の左CK(キッカー柴崎 岳)を冨安健洋が頭で叩き込み、日本はこの1点を守り、4度目の制覇を目論む相手を振り切った。日本は8強入り。優勝すれば5度目となりアジア最強の名を手にする。

冨安健洋は代表初ゴール。20歳77日でのゴールは堂安 律が1次リーグ初戦(トルクメニスタン戦)で記録した20歳207日を更新する、日本のアジア杯最年少記録。

森保一監督が広い視野で”発掘”してきた守備の大切なカードの一枚が、大舞台になるほどに大事になるセットプレーで大きな武器になることが証明された。

それだけでなく、この試合ではサウジアラビアの波状攻撃を受けながらも前後半を通じてキャプテンの吉田麻也とともにセンターバックのポジションで献身的な守備を続けた。

「個人的にはゴールより無失点に抑えることの方がこだわり強いですし、きょうはゼロに抑えることができたんで、そっちの方がまあ嬉しいです」

その粘り強いディフェンスは吉田麻也に試合後「正直、驚いています」と言わしめるほどだった。

また吉田麻也はサウジアラビア相手に圧倒的にボールを支配されつつも、試合をコントロールし続けた90分になったことについて次のようにまとめた。

「(サウジとは)毎回、やるごとに難しい試合になってるなというのを感じるんで、そういう意味でもアジアの差っていうのはどんどん縮まってるんじゃないかというふうに思ってるんで。僕らもこっからもっともっと伸びていかなければいけないですし、ここでアジアカップを取り返してアジアのチャンピオンになることはもちろんそうですけど、もっともっと世界に近づいていくために。そういう意味でもきょうのこういう勝ち方っていうのは大きいなと思います」

この試合、日本の放ったシュートは5本でサウジアラビアは15本。前半の日本はt冨安健洋の1本だけ、だった。

日本はターンオーバーを使いながら相手の特性に応じた90分を戦い、UAEに乗り込んでから4連勝。森保ジャパンは未だ、無敗である。

なお、19日の予選第3戦、ウズベキスタン戦にフルタイム出場した青山敏弘(サンフレッチェ広島)は右膝を痛めてこの試合にはベンチに入らなかった。

試合後、笑顔でチームメイトを出迎えた青山はこれで無念の代表離脱となり、そのままサンフレッチェ広島がキャンプをこの日からスタートさせたタイに向け出発した。

森保一監督の試合後の談話
「ほんとにタフで厳しい戦いになるっていうことを覚悟してましたけど、想像以上に我慢強く戦わなければいけないところを、選手たちはほんとに頭も足も止めずに粘り強く戦い抜いてくれたと思います。(サウジに長く保持されたのは想定内か、の問いには)もちろん我々ももっと攻撃は仕掛けたかったですけど、サウジアラビアは攻撃力のあるチームだと分かっていましたし、先制した展開の中で押し込まれて我慢しながらカウンターを狙っていくということを、試合の流れとして選手たちはよくやってくれたと思います。(中2日でのベトナム戦に向けて)この2日で最善の準備をしてまた次の試合も勝って応援してくださる方々に勝利を届けられるようにしたいと思います」

日本スタメン(予選第2戦のオマーン戦がベース)

GK権田修一 (サガン鳥栖)
DF酒井宏樹(マルセイユ)
DF冨安健洋(シントトロイデン)
DF吉田麻也 Cap.(サウサンプトン)
DF長友佑都(ガラタサライ)
MF遠藤 航 (シントトロイデン)
MF柴崎 岳(ヘタフェ)
MF堂安 律 (フローニンゲン)
MF南野拓実(ザルツブルク)
MF原口元気 (ハノーファー)
FW武藤嘉紀(ニューカッスル)

選手交代は後半32分に南野拓実から伊東純也(柏レイソル)、後半44分に堂安 律から塩谷司(アル・アイン)、後半47分に武藤嘉紀から北川航也(清水エスパルス)

オマーン戦スタメン

GK権田修一 (サガン鳥栖)
DF酒井宏樹(マルセイユ)
DF冨安健洋(シントトロイデン)
DF吉田麻也 Cap.(サウサンプトン)
DF長友佑都(ガラタサライ)
MF堂安 律 (フローニンゲン)
MF遠藤 航 (シントトロイデン)
MF柴崎 岳(ヘタフェ)
MF原口元気 (ハノーファー)
FW北川航也(清水エスパルス)
FW南野拓実(ザルツブルク)

選手交代は後半11分に北川航也から追加招集の武藤嘉紀(ニューカッスル)、後半39分に堂安 律から伊東純也(柏レイソル)。

予選第3戦ウズベキスタン戦スタメン

GK シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
DF室屋 成(FC東京)
DF三浦弦太(ガンバ大阪)
DF槙野智章(浦和レッズ)
DF佐々木 翔(サンフレッチェ広島)
MF伊東純也(柏レイソル)
MF青山敏弘Cap.(サンフレッチェ広島)
MF塩谷司(アル・アイン)
MF乾 貴士(ベティス)
FW北川航也(清水エスパルス)
FW武藤嘉紀(ニューカッスル)

選手交代は後半36分に乾貴士から原口元気(ハノーファー)、後半40分に武藤嘉紀から遠藤 航 (シントトロイデン)、後半48分に北川航也から冨安健洋(シントトロイデン)。

この記事の取材・構成は森保ジャパン取材班

 

ひろスポ!関連記事
ロストフ・ナ・ドヌーからの風、東京経由でカタールへ…ベルギー戦後半アディショナルタイム、西野監督、森保コーチとブルー・サムライ「小さな奇跡」の終わりに(2018年7月3日掲載)
hirospo.com/pickup/48243.html

西野朗、森保一…ドーハの悲劇からロシアW杯コロンビア戦前夜とその先へ(2018年6月18日掲載)
hirospo.com/pickup/47991.html

ドイツ軍捕虜との交流試合からもうすぐ100年、サンフレッチェ広島が頂点狙うサッカー天皇杯の歴史と平和都市広島の過去と未来(サッカースタジアム取材班)(2016年12月1日掲載)
hirospo.com/pickup/34325.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内