地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > ”世界で一番長い夏”延長45回0-0の広島・崇徳対岐阜・中京はきょう午前9時再開
2014年08月31日
編集部

”世界で一番長い夏”延長45回0-0の広島・崇徳対岐阜・中京はきょう午前9時再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

第59回全国高校軟式野球大会(日本高校野球連盟主催)の準決勝で3日連続のサスペンデッドゲームとなった広島・崇徳(西中国地区代表)と岐阜・中京(東海地区代表)の試合はきょう午前9時から明石トーロカ球場で再開される。

延長45回を戦い0-0のまま4日連続で試合を行う。

3日間で崇徳の石岡は617球、中京の松井は635球を投げている。両軍監督は二人に交代を何度も打診したが、結果的にはここまで”2人の投げ合い”で歴史的なゼロ行進が続いたことになる。

延長四十六回から始まるきょうの試合は最長でも9イニングまで。五十四回までやって決着がつかなければ抽選になる。

そのあと、すぐにすでに決勝進出を決めている神奈川・三浦学苑(南関東地区代表)との頂点を巡る対決が待っている。

決勝は九回で打ち切り。同点の場合は優勝預かりで両校準優勝となる。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内