地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サッカースタジアム問題で中国新聞、J開幕日に「広島サッカー場」「物流業界広がる波紋」記事掲載の裏事情
2016年02月27日
編集部

サッカースタジアム問題で中国新聞、J開幕日に「広島サッカー場」「物流業界広がる波紋」記事掲載の裏事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
旧広島市民球場跡地
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

およそ1年遅れで「波紋」を伝える中国新聞記事

 

中国新聞がJ開幕日の2月27日の朝刊で「広島サッカー場 みなと公園「優位」知事見解」」「物流業界広がる波紋」「港湾機能の強化と「矛盾」」の見出しをとり、広島のサッカースタジアムに関連する記事を29面に掲載した。紙面の左上、一番目に留まるレイアウトで空撮のアイキャッチもあり非常に目につく。

「矛盾」しているのは中国新聞の方ではないか?

記事内容をまとめれば、港湾関係者が、スタジアムの広島みなと公園への建設計画は港湾機能の強化方針に「矛盾」するため強く反発している、というもの。それはひろスポ!でずっと取り上げてきたし、この話が出たのはもう昨年3月の話だ。

その時のひろスポ!記事。

2015年3月28日
あす広島市長選告示、だが宇品・出島地区の港湾関係者から広島みなと公園へのサッカースタジアム建設にブーイングの嵐
hirospo.com/pickup/16588.html

中国新聞記者が知らないはずはない。ネット検索で取材ネタを探す時代だ。実際、ひろスポ!を参考にサッカースタジアム問題をニュースで報じた地元局もある。ひろスポ!を引用した地元紙もある。

昨年3月の時点で「ブーイングの嵐」だったのに、中国新聞が記事にしたのは今回が初めて。実際の”街の動き”と報道までの間に存在する、この途方もなく長い時間は何なのか?

ひろスポ!ではさらに昨年7月、まさに今のような状況になるであろうことを先に記しておいた。それはもう普通に取材していれば誰の目にも明らかなことだった

2015年7月22日
松井市長、湯崎知事らトップ会談でサッカースタジアムは”筋書き”通り「宇品へ…」とはいかない切実な事情、このままでは空中分解の可能性大hirospo.com/pickup/19850.html

「筋書き通りに宇品へ、とはいかない切実な事情」というのは、今回、中国新聞で紹介された内容と一致する。

今回の記事では「広がる波紋」とあるが「波紋」はとっくに広がっていて、現在は「波紋」の「水面下」で新たな動きが生じつつある。

それが今回の中国新聞の記事でも”さらっと”触れてある。

「広島港」の説明のところに「マツダの自動車部品の輸出入」という一文がある。

ひろスポ!既報通り「マツダ」は広島みなと公園にスタジアムができれば「自動車部品の輸出入」において莫大な損失を被ることになるし、「マツダ」以外の港湾利用者はみな、そうなる。

ひろスポ!関連記事

特報!サッカースタジアム問題で世界のマツダだ!世界3位のサンフレッチェ広島「旧広島市民球場跡地案」全面バックアップへ
hirospo.com/pickup/26619.html

2月19日
ひろスポ!「サッカースタジアム問題で世界のマツダだ!世界3位のサンフレッチェ広島、旧広島市民球場跡地案全面バックアップへ」の記事にアクセス、いいね!殺到!
hirospo.com/pickup/26631.html

そうなるから黙っているはずもない。まさ死活問題だ。人気の中華料理屋の軒先に、大きな劇場ができ、出前のたびに邪魔になる。麺類がみな伸びてしまい、やがて出前の注文はなくなる、考えただけでも恐ろしい話だ!

サンフレッチェ広島はエディオンスタジアム広島での開幕戦で、川崎フロンターレに強烈なカウンター攻撃を受け黒星発進となった。今後は港湾関係者のカウンター攻撃が取りざたされることになるだろう。もう「波紋」どころの話でない。やるか、やられるか、J1よりさらに厳しい戦いだ!?

ではなぜ「波紋」と中国新聞が報じたか?

答えは簡単。2月19日の朝刊28面の右上の目につくところに「広島サッカー場」「市民球場跡地260億円」「みなと公園180億円」「整備費54億円~37億円増」の見出しで、どう読んでも旧広島市民球場跡地はスタジアム建設に難題を抱え、広島みなと公園の方が有利ととれる記事を、初めて”登場”した「サカスタ建設問題取材班」の署名記事として掲載したからだ。

旧広島市民球場跡地
港湾関係者から「悪意に満ちている」の声もあがった中国新聞記事

ひろスポ!関連記事

2月19日
中国新聞、唐突に「サカスタ建設問題取材班」編成、その第1弾記事に「本当にひどい記事ですね~」の声が届く…
hirospo.com/pickup/26635.html

余談になるが、この記事でさえ「プロサッカーの試合の集客数予想はアクセスが良い球場跡地の方が上回った」とある。当たり前の話だし、そもそもエディオンスタジアム広島が行きにくい場所にあることが新スタジアム建設のきっかけとなったのだから、それだけを見てももう広島みなと公園はアウト!だ。

2月19日の記事に2月27日の記事にあるような事情も併記するのが報道姿勢としては普通だろう。それを前回の記事でわざわざカットしたから、今回のような唐突な記事掲載となるのだろう。実際、朝日新聞、毎日新聞をチェックしたが両紙には「広がる波紋」の類の記事はない。27 日に掲載する必然性がないからだ。

中国新聞はこれまで、サンフレッチェ広島が強く訴える旧広島市民球場跡地へのスタジアム建設に向けた声や、今回も開幕戦のスタンドに登場した「スタジアムは市民球場跡地」の横断幕にあるサポーターの声、さらには県内外からこのスタジアム問題を注目している利用者の声をこれまでまったくと言っていいほど取り上げていない。極めて不自然だ。

ひろスポ!調べではすでに「旧広島市民球場跡地」派が「広島みなと公園」派を圧倒する結果となっている。

上げ足をとる訳ではないが、中国新聞はサンフレッチェ広島の優勝パレードや開幕戦で自社媒体の宣伝活動も行っている。サンフレッチェ広島との共同歩調を考えれば、サポーター、市民・県民から圧倒的支持を得ている旧広島市民球場跡地へのスタジアムの是非、あるいはその功罪について、早急に深く掘り下げていくべきだろう。

旧広島市民球場跡地
サンフレッチェ広島開幕戦前、エディオンスタジアム広島周辺ではサポーターに中国新聞媒体が無料で配布された

旧広島市民球場跡地
優勝パレードの人垣の中で「ちゅーピー」クンもがんばっている!(画像右奥)

なお、中国新聞記事の署名は今回、サッカー場問題新サッカースタジアム取材班となっている。初回掲載時とは名称が異なるが、いったいいくつ専従班があるのだろうか!?

広島新サッカースタジアム取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内