地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > バティスタ値千金、ドリスから決勝2ラン、5月3日からのマツダスタジアム巨人3連戦も「三番・バティスタ」で勝負!
2019年05月02日
編集部

バティスタ値千金、ドリスから決勝2ラン、5月3日からのマツダスタジアム巨人3連戦も「三番・バティスタ」で勝負!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バティスタ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

5月2日 ○4-0阪神、甲子園球場
通算13勝16敗(3位阪神まで1差の5位、首位巨人まで5・5差)
14時00開始・3時間17分、4万6605人
相手先発 岩田7回4安打無失点
本塁打 バティスタ5号②

一番センター野間
二番セカンド菊池涼
三番ファーストバティスタ
四番ライト鈴木
五番レフト長野
六番キャッチャー會澤
七番サード小窪
八番ショート田中
九番ピッチャー大瀬良7回110球7安打無失点
フランスア○(12試合3勝1敗)
中崎

甲子園に乗り込み先発陣が四球連発の悪い流れをエース大瀬良が断った。初回には糸原に、三回には近本に二塁打を打たれるなど不安定な立ち上がりだったが終わってみれば被安打7も与四球は1。逆に六回には糸井、大山、福留の阪神クリーンアップを3連続空振り三振に退けるなど計9個の三振を奪って、阪神・岩田との投手戦を”引き分け”に持ちこんだ。

ここまで4連敗中の広島、4連勝中の阪神、決着を見たのは九回…

阪神は連投となったドリス。広島は2試合連続で一番に入った野間が四球で出塁。菊池が送ってチャンスを築くと、ファウルで粘るバティスタがドリスの8球目を赤く染まったレフトスタンドに叩き込んだ。

続く鈴木も中前打。阪神ベンチは同じく連投の守屋にスイッチしたが、長野、會澤にも短長打が出て4対0と試合を決めた。

バティスタはこれで5試合連続打点、三番に入ったここ4試合で見ても計7打点。5月3日・4日・5日のマツダスタジアムでの巨人戦も「三番・バティスタ」濃厚。

なお広島は”前回”8連敗の時にも熊本での巨人戦で九回に3点を奪って試合をひっくり返し、連敗を止めてから本拠地に”帰還”している。(ひろスポ!・田辺一球)

JBC
お申込みはこちら

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内