地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 規定まであと5打席の坂倉4の3、しかし首位打者争い最大のライバルオースティンに広島投手陣6の5は打たれ過ぎ…
2021年09月01日
編集部

規定まであと5打席の坂倉4の3、しかし首位打者争い最大のライバルオースティンに広島投手陣6の5は打たれ過ぎ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は坂倉

 

9月1日 ●2-7 DeNA 横浜スタジアム
通算37勝51敗10分け
今季、みたび最下位へ、3位ヤクルトまで12差、首位巨人まで14・5差
17
時45分開始・3時間9分、9,479人(緊急事態宣言下)
相手先発 大貫〇6回8安打1失点
本塁打 -

 

一番センター野間
二番レフト西川
三番ショート小園
四番ライト鈴木誠
五番キャッチャー坂倉
六番ファースト松山
七番セカンド菊池涼
八番サード林
九番ピッチャー玉村●(11試合2勝5敗)5回3分の2、109球9安打5失点(自責5)
菊池保
コルニエル
バード

 

最下位脱出を懸けた直接対決はDeNAが連勝。広島はわずか5日で最下位逆戻り。

 

広島は二軍もこの日、ウエスタン・リーグ同率最下位に後退。勝率は・333しかない。

 

一二軍揃っての最下位は6月と8月に続いて3度目。末期症状…だ。一、二軍に分かれてリーグ戦を消化していくだけの戦力がない。コロナ禍で球団赤字が深刻化しているから外国人補強もできない。

 

広島先発の玉村は初回、桑原二塁打、佐野二塁打、オースティン三塁打と、ことごとくスライダーをレフト、ライト線、あるいは外野間に打ち返され2失点。DeNA打撃成績上位者のコンタクト力には恐れ入る、としか表現のしようがない。

 

三回にはカーブを交えて抑えにかかったが、佐野にはシュートをまた三塁線にはじき返され、オースティンには低目真っすぐを中前適時打された。

 

今季、一軍デビューからこの日までに10試合全てで5回以上を投げ、失点3以下に抑えてきた高卒2年目左腕の踏ん張りどころ。

 

しかし、六回、クロスファイヤーでソトを空振り三振に仕留めて二死一塁までこぎ着けたあと、100球を超えてガス欠気味に…。牧にこの日初めての四球を与えると、大和、代打楠本に連打され、始めてイニング途中での交代を告げられた。

 

ただ、よくよく考えてみると12試合連続でクオリティスタート成功中だった森下でさえ打ち込むDeNA打線だから、そう簡単にいかないのは誰の目にも明らか。

 

そんな中でも、まずなんとかしないといけないのはオースティン。この2試合で6打数5安打4打点2四球。

 

規定到達までわずかとなった坂倉が4の3で打率・318まで引き上げたのに、オースティンの方は打率・318から・329へと急上昇。(ただし坂倉もリードする立場で4の3と打たれており、痛み分け?)

 

走者を置かないようにしてボール球しか投げない、ぐらいの対策を打たないと、せっかくの坂倉の首位打者挑戦のチャンスが遠のいてしまう。(ひろスポ!・田辺一球)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内