地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 広島ドラゴンフライズ待望の活動拠点「ドラフラベース」2022年8月廿日市市内誕生へ
2021年09月08日
編集部

広島ドラゴンフライズ待望の活動拠点「ドラフラベース」2022年8月廿日市市内誕生へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広島ドラゴンフライズ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は「ドラフラベース」完成イメージ図

 

株式会社広島ドラゴンフライズは9月8日、広島県廿日市市の峠地区にクラブハウス「ドラフラベース」を建設すると発表した。2022 年 8 月の完成を目指す。

 

 

プチームの練習拠点となるほか、若手選手の選手寮を備えた育成の拠点としての機能も充実させる。また地域貢献の視点から、廿日市市の活性化を目指すまちづくり連携拠点などとしての活用策も盛り込む。峠地区は国道二号線バイパスから県道30号線で5、6キロというエリア。

 

なお、クラブ名のドラゴンフライズは、日本では廿日市市宮島町に限り生息している“ミヤジマトンボ”から由来し、メインのチームカラーも廿日市市厳島神社の鳥居の「朱色」をイメージしている。

 

クラブハウス「ドラフラベース」概要

  • 建設予定地 廿日市市峠
  • 完成予定 2022 年 8 月
  • 仕様
  • メインアリーナ棟…バスケットボールコート 1 面、トレーニング室
    宿泊施設棟…6 室/6 名宿泊可能

 

浦 伸嘉社長コメント

この度は、念願のクラブハウス「ドラフラベース」を建設することとなり、大変嬉しく感じております。クラブハウスを建設することで選手の環境が整備できれば、クラブの価値を最大限向上させることに直結すると考えておりますし、今後、日本全体のバスケットボール競技レベルの伸長にも繋がると確信しております。このドラフラベースから日本代表選手、そして NBA 選手の輩出を目指してまいりたいです。

 

岡崎修司ゼネラルマネージャーコメント

クラブハウスが建設されることにより、今まで以上に練習に集中できる環境ができることはチーム力の向上につながると考えております。また、我々は短期的視点だけではなく、中長期的視点からも強豪クラブに成長していきたいと考えていますので、クラブハウスの建設を契機にトップチーム、U18、U15 とすべてのカテゴリーでのハード・ソフト両面での環境整備を進め「育成の広島」と呼ばれるように尽力してまいります。

 

朝山正悟選手コメント

選手として、クラブハウスを用意してもらえることは本当にありがたいと思っています。トップチームのレベル向上はもちろんですが、ユースチームなどの若手の育成強化や、バスケットボール競技の普及も本格的に進んでいくと感じています。プロスポーツとして環境が整っていくことがクラブの価値と成長に繋がるポイントだと思いますので、建設されるのが非常に楽しみです。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内