地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > エディオンピースウイング広島、平和の翼の下で地元基町住民と南一誠さんら「翼をください」熱唱!
2024年06月17日
編集部

エディオンピースウイング広島、平和の翼の下で地元基町住民と南一誠さんら「翼をください」熱唱!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エディオンピースウイング広島
  • 3

    飛翔会

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は「ピースウイング」の下で「翼をください」を歌う南一誠さんと松本裕見子さん(手前)

 

 

平和の翼、広島の空へ-

 

サンフレッチェ広島は6月17日午後7時からエディオンピースウイング広島で「新しい出会いの夕べ~南一誠コンサート」を開催した。

 

同スタジアムが完成までには、広島市、広島県、地元経済界、そしてサンフレッチェ広島の間で「紆余曲折」(サンフレッチェ広島 仙田信吾社長)があり、最終的には現在地に落ち着いた。

 

建設地決定に当たったは隣接する基町地区から反対の声が上がり、広島市などが”パワープレー”でその声を押し切ったかっこうになった。そのため旧広島市民球場跡地での建設を念頭にスタジアム建設に向け準備を進めながら建設地変更を受け入れたサンフレッチェ広島側としては、基町地区の住民への配慮や関係修復、騒音対策、子どもらや地域住民への安全対策などが欠かせない。

 

そんな中、クラブ側ではエディオンピースウイング広島がより身近な存在として地元で受け入れられてもらえるように、と「南一誠コンサート」開催の準備を進め、基町地区住民を招いての新スタジアム史上初のコンサート開催が実現した。

 

あいにくの雨模様となったが、そこは「翼」(屋根)を有するスタジアムならでは、のアドバンテージがあり、急きょステージをスタンド側に移設することでコンサートは予定通り行われた。

 

そしておよそ1時間の歌とトークによるエンターテイメントなひと時の終わりに、およそおよそ400名の地域住民とステージが一体となって「翼をください」(昭和46年・赤い鳥」を熱唱した。

 

ステージ上で司会の松本裕見子さん

「街と調和し、今後も国際平和都市である広島の新たなシンボルとなることを目指して、希望の翼をコンセプトにデザインされています。スタジアムの大屋根に由来して、恒久平和への願いと、明るい未来に羽ばたく希望の翼…翼と言えば…」

 

南一誠さん 「はい、曾澤翼…」

 

松本裕見子さん 「そうですね、カープも素晴らしい球場ですが…では、この翼の場所でみなさんと翼の唄を歌いたいと思います。みなさん、翼をくださいという歌ご存じですか?歌詞が出ますので、最後はご一緒に歌いたいと思います」

 

~全員で合唱~

 

※この項つづく

 


LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内