地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 小谷野薫委員らの「議事録残すように」の意見無視?サッカースタジアム検討協議会で広島みなと公園が旧広島市民球場跡地とともに残された訳(1)
2016年03月10日
編集部

小谷野薫委員らの「議事録残すように」の意見無視?サッカースタジアム検討協議会で広島みなと公園が旧広島市民球場跡地とともに残された訳(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
旧広島市民球場跡地
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

サッカースタジアム検討協議会、山根副会長(中央)に厳しい視線を送る小谷野委員(右)。同協議会は湯崎知事、松井市長らの言うような「サンフレッチェ広島の意見」など吸い上げてはいない。ことあるごとに山根副会長が小谷野委員ほか、旧広島市民球場跡地を推す声を退けたことが、ひろスポ!に記されている。

 

現在では40万筆を超える署名が集まっているサンフレッチェ広島の新サッカースタジアム建設「早期実現」へ向け、広島市の松井市長が中心となり広島県、広島商工会議所、県サッカー協会の4者で設置したサッカースタジアム検討協議会。その「議事録」が残されていないことを3月10日付中国新聞が取りあげた。

この事実は「広島みなと公園優位」としてきた3者会談とその実動班である作業部会のここまでの「作業」の根幹にかかわる問題を内包している。

同協議会は2013年から2014年にかけて11人の委員によってサッカースタジアムのあるべき姿が話し合われた。

その途中で「議事録がない」ことが明確に何度も指摘され、会議の中では議事録を残すことが確認された。

ひろスポ!に同協議会での生の声などが残されている。その”問題点”を探っていく。

第1回目は2014年6月11日アップ記事

J1で2連覇のサンフレッチェ広島、スタジアム構想は「ゴール」ならず!?第12回サッカースタジアム検討協議会
hirospo.com/pickup/3850.html

この中ではサンフレッチェ広島がJ1連覇を成し遂げてから半年以上が経過しても遅々として進まない、いや一部委員により意図的に進めようとはしないように感じられる、同協議会の様子が見てとれる。

すでに12回目を数え「秋には最終とりまとめ」をするにもかかわらず、三浦浩之委員長はこの記事の中で「日本総研には検討対象候補地についての調査をお願いしています。スタジアムなど具体的なことにかんしては”ふんわり”としたイメージで、それは4者(県サッカー協会、広島県、広島市、広島県商工会議所)にやってもらうことになります」と答えている。

”ふんわり”としたことしか同協議会では決めずに結局あとは「4者」(現在は3者、県サッカー協会は途中で離脱せざるをえない状況となった)が決める、とまさに今の状況をここですでに述べている。また肝心の候補地については、同協議会の一部委員によって提案された「日本総研」任せの様相を呈している。

さらにこの時期になってもまだ、エディオンスタジアム広島を含めた広島広域公園でのサッカースタジアム展開が検討されている。「エディオンスタジアム広島が不便で、施設面で大きな問題がある」から署名が集まった、というスタートがあるにもかかわらず、だ。

この記事の中では話がまったく進まないことにいら立ちを覚える複数の委員の声が残されている。

「みなさんに聞くより、私たちがこういうものを絶対必要、と思えばそういうものを作るはすが、もう終わりごろになってサッカースタジアムを考えるなんて逆かな?と…」という、同協議会の進め方に関する根本的な疑問の声まであがっている。

各委員のやりとりの中では「日本総研」の出してきた、この時点での5つ候補地を数値化した資料をもとに話し合いが行われ、その中では「土地の価値から評価する視点が欲しい。それとこの前出た防災機能の視点も欲しい。複合機能がないと、20、30試合しか動かないわけですから。そういう評価も」という、山根恒弘副会長のコメントが目を引く。

まるで広島みなと公園の評価をもっとあげろ、と言わんばかりだ。20、30試合しか動かない、とわざわざ間違ったことを強調もしている。

山根副会長は公益財団法人広島市スポーツ協会 会長の立場で同協議会メンバーに選ばれた。ただ、山根副会長はヤマネホールディングス株式会社 代表取締役会長で、ヤマネホールディングス株式会社の所在は広島県広島市南区出島1丁目21番15号。まさに広島みなと公園から至近距離にある。

ただし工場は1980年、廿日市に新設されており、港湾関係者の言う「物流を阻害される」立場にはない。そうなれば今回の案件では企業経営者の立場で、広島みなと公園へのサッカースタジアム誘致に関するステークホルダーのひとり、とも考えられる。なぜ、そんな人選がまかり通ったのか?

驚くべきことに今回、紹介する2014年6月11日のひろスポ!記事の中で山根副会長は他の委員からの”建設候補地絞り込みに対する疑義の声”に対して…

「議事録を見てから…、われわれが5つ残したんだから」と言い切っている。

 

「やらせの協議会」とまで言われたこの協議会では、議事録はいったいどういう扱いだったのか?あったのか、なかったのか?

この協議会でのやりとりが一部、委員により強引に一定方向へと結論づけられていく様が議事録によって手にとるようにわかる、同協議会を何度も取材した上でそう確信しているが…

新新サッカースタジアム取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内