地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 田中成也のスリーポイント冴える、広島ドラゴンフライズ早や7度目の3桁得点勝利、課題は「抑えるべきところ」のディフェンス…
2019年12月21日
編集部

田中成也のスリーポイント冴える、広島ドラゴンフライズ早や7度目の3桁得点勝利、課題は「抑えるべきところ」のディフェンス…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田中成也
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は田中成也と森田憲吾ヘッドトレーナー

B2西地区で首位を行く広島ドラゴンフライズは12月21日、東京都内の板橋区小豆沢体育館で中地区の東京エクセレンスとのGAME2 に臨み105-91のスコアでGAME1 (101-81)に続く”100点勝利”となった。

ただし91失点は前節GAME2で群馬クレインサンダーズに93点を奪われたのに次ぐ2019-20シーズンワースト2。

田中成也が3Pで6分の5を沈めて21得点。復帰2戦目の古野拓巳はGAME1 の10アシストに続く8アシスト。

広島ドラゴンフライズの3桁得点勝利は…

9月 4試合(3勝1敗)で1度
10月 9試合(8勝1敗)でなし
11月 8試合(7勝1敗)で3度
12月 7試合(5勝2敗)で3度

広島ドラゴンフライズは今節を終え23勝5敗、勝率・821は3地区を通じてトップで、西地区では2位の香川ファイブアローズとの3ゲーム差をキープ。

東京エクセレンスはこの連敗で13勝13敗となり中地区4位。

B2第15節GAME2
広島ドラゴンフライズ 105-91  東京エクセレンス
1Q:33-22
2Q:21-28
3Q:27-21
4Q:24-20
入場者数: 733人
【スターター】
広島:#1トーマス・ケネディ、#2朝山正悟、#8グレゴリー・エチェニケ、#24田中成也、#30古野拓巳
東京EX:#13ライアン・ステファン、#22樋口大倫、#40ジョーダン・フェイゾン、#44丹野合気、#51田口暖
【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#8グレゴリー・エチェニケ26点
#24田中成也21点
#1トーマス・ケネディ19点
#2朝山正悟14点
◆リバウンド
#8グレゴリー・エチェニケ18リバウンド
◆アシスト
#30古野拓巳 8アシスト

東京エクセレンス
◆得点
#13ライアン・ステファン31点
#40ジョーダン・フェイゾン30点
#44丹野合気  17点
◆リバウンド
#13ライアン・ステファン10リバウンド
#40ジョーダン・フェイゾン11リバウンド
◆アシスト
#40ジョーダン・フェイゾン11アシスト

広島ドラゴンフライズ 堀田剛司ヘッドコーチの話
タフなゲームになった。#40フェイゾン 選手を止めれない状況が続きそこからゾーンディフェンスへ変え、上手く機能したことが勝因。なかなか上手く止められなかったことが91失点に繋がった。2019年も残り2試合、次はホームで福島戦なので連勝して4連勝で締めくくりたい。

田中成也の話
個々の能力があるチームなので正直そこで押しきったかなという感じ。まだ負けが5だが、抑えるべきところをチームで徹底してやらないとプレーオフの大事な場面で勝てない。そこまで突き詰めることがこれから後半戦の中で大事になる。そこをしっかりチームでやっていきたい。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内