地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 大迫敬介、松本泰志、森島司が先発の五輪代表、シリアのカウンター攻撃に沈み予選敗退決定、森保監督解任の声高まるが…AFC U-23アジア選手権
2020年01月13日
編集部

大迫敬介、松本泰志、森島司が先発の五輪代表、シリアのカウンター攻撃に沈み予選敗退決定、森保監督解任の声高まるが…AFC U-23アジア選手権

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
森保監督
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は森保監督

 

AFC U-23アジア選手権2020 グループステージ(1月12日、タイ)

U-23日本代表は現地時間の午後8時15分(日本時間午後10時15分)からタンマサート スタジアムでU-23シリア代表との試合に臨み、1-2で敗れた。

日本先発

GK 12 大迫敬介
DF 3 渡辺剛、15 岡崎慎、17 町田浩樹、22 橋岡大樹
MF 6 齊藤未月、21 松本泰志、16 相馬勇紀、10 食野亮太郎、14 森島司
FW 13 上田綺世

初戦のU-23サウジアラビア戦では後半43分PKを決められやはり1-2のスコアで惜敗。この日も前半9分に相手のCKからPKを献上して0-1にされた。

2戦を消化して勝ち点ゼロの日本はグループステージ敗退が決定、決勝まで6戦を戦って東京五輪に備えるはずが3戦で帰国することになった。

スタンドからは日本サッカー協会の田嶋幸三会長もこの敗戦を見届けた。メディアに囲まれた田嶋幸三会長は明言を避けたが「技術委員会が判断して考えます」と森保一兼任監督体制について含みを残す状況となった。

だが、これまで積み重ねてきた数々の準備を考えれば、それを誰かに引き継ぐのは際めて困難だろうし、森保一監督の思い描く青写真は森保一監督がその落とし所も一番心得ている。

 

勝たなければ自力でのグループリーグ突破が消えるというこの日の一戦は後半31分、相馬勇紀のゴールで追いついた。しかし後半41分、シュートを打ち切れずに相手ボックス前からイッキのカウンターを喰らった。疾走するFWアハマド ダリに誰も追いつけず、強烈なシュートを打たれ、GK大迫敬介が反応し切れず、これが決勝点になった。

アハマド ダリは初戦、カタール戦でも後半アディショナルタイムに同点弾を叩き込んでおり、後半23分からの途中出場でまた大きな仕事をやってのけたことになるし、日本が分かっていてそれを許したことになる。

サンフレッチェ広島勢では大迫敬介が初戦に続いてフルタイム出場したが、またしても悔しい戦いを強いられた。

さらに松本泰志がボランチでフルタイム出場、トップ下を任された森島司もフリーキック、コーナーキックも含めて前線での動きには積極性が見られたが、後半41分、旗手怜央と交代した。

初戦から6人を入れ替えて勝ち点3を目指した森保一監督は試合後、次のように話した。

「選手たち、スタッフは非常にいい準備をしてくれた。戦い方も、先制点は許したものの勝利できたかもしれないという内容のところで2試合とも落としているので、やはり勝負強さというところ、最後のところをしっかり詰めていけるようにしていかなければいけないと思っています」

(敗因については)「攻撃の回数はあってもあまり受けてないと思いますけど、そこで相手のカウンターをしっかり止められるところ、最後の時間帯、苦しくなった時にしっかりしのぐというところ。試合の前から言っていたところ。やはり勝負勘というものを若い選手たちがこれから培っていってもらえればと思います」

先発した相馬の話
「ひとりひとりが一対一で負けちゃダメだし、個の部分が改めて大切だなと感じました。チームとしての崩しだったり、ある程度のバリエーションは増えてきている中で、結局失点する場面も得点する場面も個人のところ。最後は必然的にそうなるスポーツだと思うので本当に僕も含めて戦うというベースの部分を、僕も含めてもう1回叩き直さないとダメかなと感じました。(相手は)得点のあと、ああやって泣いて地面にうずくまって喜ぶ選手がいて、懸けてるモノが違うなと、そこは身に染みました」

先発した齊藤未月の話
「悔しいというより恥ずかしいと言う気持ちでいっぱいですし、日本代表として情けないなと思います。幸い東京オリンピック出場は決まっているので、そんなに長い時間もないですし、見ている側としたら大丈夫なのかよと思うシーンも多いと思うのですが、でもやるしかないですし出たい気持ちは僕含め選手はいっぱいあるので、出てどれだけ活躍できるかとか、どれだけサッカー選手をやってサポーターの方、応援している方の心を震わせるプレーを出すのが大事だと思うので次切り替えてがんばらないといけない」

齊藤とともにボランチで大会初先発した松本泰志の話
「チームとしての個人としても情けないかなというふうに感じます。個人的に前半慎重になり過ぎて横パスが多かったので、後半ももっと積極的に前に行った方が良かったんじゃないかなと思います。(相手は)死にもの狂いで来てましたし、そこの熱量は結果見て相手が上だったんじゃないかなと思います。(最終戦は)ムダにはできないし、最後の試合で自分たちの成長を見せらればなと思います」

ひろスポ!関連記事
田嶋会長ら「全面バックアップ」約束の森保監督「日本の力」「メダル獲得」「平和の祭典」そして第2、第3の森保一発掘へ(2017年10月30日掲載)
hirospo.com/pickup/41794.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内