地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 遠藤は”課題”の阪神打線相手に5回2失点、U22バッテリーを組む坂倉は「二番」初挑戦
2020年08月09日
編集部

遠藤は”課題”の阪神打線相手に5回2失点、U22バッテリーを組む坂倉は「二番」初挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
坂倉将吾 朝山 水本
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は朝山打撃コーチと坂倉

 

8月9日 ●1-5 阪神 マツダスタジアム
通算17勝21敗4分け(首位巨人まで6・5差に広がり5位変わらず)
18時00分開始・3時間22分、4,991人
相手先発 秋山〇6回1安打1失点
本塁打 ―

一番センター西川
二番セカンド坂倉
三番レフト長野
四番ライト鈴木誠
五番ファースト松山
六番サード堂林
七番セカンド菊池涼
八番ショート田中広
九番ピッチャー遠藤●(7試合2勝2敗)5回103球3安打2失点(自責2)
菊池保
薮田
一岡
D・ジョンソン

 

遠藤―坂倉の広島が誇るU22バッテリーにとって、この日はリベンジのチャンス…

7月5日、同じマツダスタジアムで阪神打線に捉まり5回108球8失点。ボーアに満塁弾を、大山に2ランを、サンズにソロを浴びて、そのあと遠藤は3試合続けて曾澤とバッテリーを組み、前回の東京ドームで坂倉とのコンビが復活。巨人打線を相手に2失点完投してこの日を迎えた。

結果は5回103球、被安打3も2失点で負け投手。失点はいずれも大山絡み。二回には左中間二塁打されたあとサンズ、ボーアを歩かせて無死満塁。梅野の内野ゴロの間に先制された。

同点の三回には二死二塁で大山に適時三塁打された。ただしライナー性の打球は、スライディングキャッチ体勢のレフト長野の横をすり抜けた。

奪った三振も毎回の7つ。ボーアとサンズには4度の対戦でいずれもボールスリーにするなど、課題とそして次に繋がるものを両方残した。

ところでこの日は「二番・坂倉」も試された。

開幕から菊池涼の二番は”怪しげ”だった。

開幕4戦目には安部が二番に入った。緒方監督時代の広島の打線のコンセプトからすればあり得ない話、だ。

7月に入ると安部、そして上本の二番も試された。7月末には菊池が3試合続けて二番を外れ、安部とピレラ…。

こうしたテストが繰り返されたのち、今回の9連戦で8月5・6日堂林、7・8日羽月、9日坂倉という流れになった。

広島首脳陣の狙いは繋ぎ役+出塁のできる二番。強力なクリーンアップの前に走者を置き、序盤から得点を重ねて先発投手を楽にしたい。

バントの名手菊池涼はしかし出塁率が3割を切りそうな状況で、良化の兆しも見られない。

坂倉は対左腕の課題はあっても出塁率は4割を超えている。堂林もそうだがこちらは一時期のような勢いがなくなった。

遠藤をリードして、打つ方でも初めての二番。やることの多い中で4の0に終わった坂倉ではあるが、3度外野に飛んだ打球は内容のあるものだった。

二番の適任者を探し求めて、試行錯誤を続ける広島首脳陣。残るは打率.231ながら出塁率は.345とまずますの田中広の二番くらいしかもう選択肢はない。

7月、8月と急激に”出番”の増えてきた坂倉の起用法と併せて二番をいかに固定するか…けっきょく元の鞘に収まるのか…(ひろスポ!・田辺一球)

ひろスポ!関連記事
気が付けば打率.394の坂倉と高橋樹、塹江のカープU23バッテリー、高津監督の”走攻撃”にも耐え大逆転勝ちを呼び込む(2020年8月5日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内